188bet登録ガイド最新版!入金不要ボーナス2500円が無料で ...

<ウェブサイト名>

<現在の時刻>

出典: 標準

--> English 日本語 ホーム お問い合わせ ENGLISH ☆ ブックマーク ホーム 総長あいさつ 令和6年度 学年暦 九州大学教育憲章 九州大学学術憲章 沿革・歴代総長 初代総長 山川健次郎 お問い合わせ お問い合わせ インデックス 運営方針・計画 運営方針・計画 九州大学ビジョン2030 指定国立大学法人構想 中期目標・中期計画 管理運営・評価 管理運営・評価 大学の組織 諸会議 教員の職位と職務 学府・研究院制度 基幹教育院 高等研究院 未来人材育成機構 学術研究・産学官連携本部 情報統括本部 インスティテューショナル・リサーチ室(IR室) コンプライアンス違反通報窓口 大学評価 将来構想の共創・協働制度 大学改革活性化制度 教員活動評価 教員活動進捗・報告システム(Q-RADeRS)及び九州大学研究者情報 教育情報の公表 FD(ファカルティディベロップメント) 広報活動 大規模事業 大規模事業 キャンパス移転計画 九州大学基金 財務 財務 予算 決算 教育 教育 九州大学の学士課程教育 基幹教育(平成26年度以降入学者) 全学出動体制 九州大学の大学院教育 大学院基幹教育 教育の質保証 教育の国際化 副専攻プログラム 教育関係の外部資金事業 高品質な教材の制作・支援・公開 学務情報システム 保護者等による成績確認 学位:厳正な学位審査・通報窓口等 学位論文等剽窃防止のためのソフトウェア(iThenticate) 障害のある学生からの授業・試験・生活に関する合理的配慮の要望について LGBTs サポートについて 学生のメンタルヘルス 学生の被害防止 教育・研究活動における安全管理 学生の休学・退学等に係る指導 新たなティーチング・アシスタント制度 学生の経済支援・生活支援 学生の課外活動 学生のキャリア支援・就職支援 入学試験の種類、実施時期と実施体制 研究 研究 主幹教授制度 科学研究費助成事業 日本学術振興会 特別研究員制度 競争的研究費制度 研究助成金 学内研究支援制度 国際交流(教員・研究者) PI人件費制度 適正な研究活動の推進 研究費の適正な使用 研究倫理教育・コンプライアンス教育 放射線障害防止等 動物実験 遺伝子組換え実験 研究用微生物の取扱い 営業秘密管理 安全保障輸出管理 化学物質等の管理 研究成果の公開 図書館 図書館 図書館概要 研究支援 教育支援 情報サービス 情報サービス 情報サービス 産学連携 産学連携 産学官連携に係る各種相談 産学連携マッチングプログラム 共同研究等諸制度 「組織」対「組織」の産学官連携 大学発ベンチャー創出 研究成果に係る名称使用 利益相反 知的財産 知的財産 知的財産 社会連携 社会連携 社会連携 同窓会・卒業生との連携 男女共同参画 男女共同参画 男女共同参画 服務・倫理等 服務・倫理等 遵守事項・倫理 ハラスメントの防止 障害者支援 兼業 懲戒 個人情報の保護 情報倫理 情報セキュリティ 勤務時間・休暇等 勤務時間・休暇等 勤務時間 休暇等 育児休業・介護休業 教員の業績評価 教員の業績評価 教員の業績評価 給与・福利厚生等 給与・福利厚生等 給与・諸手当 社会保険 職員証 宿舎 安全衛生 安全衛生 安全衛生管理体制 健康診断 経理事務 経理事務 教職員への支払いについて 寄附金の受入れ 学生納付金 施設利用・学生納付金等の本学への納入方法 物品等の購入 出張手続 施設・設備利用 施設・設備利用 キャンパス入構課金制度 施設の利用登録について(スペース管理システム) 研究機器・設備の全学的共用 廃棄物処理 会議・研修等施設利用 その他(資料集) その他(資料集) 大学の組織図 建物配置図及び部局所在地 災害発生時の緊急連絡体制 安否確認システム(ANPIC) ホーム  > 研究  > 研究倫理教育・コンプライアンス教育 研究 研究倫理教育・コンプライアンス教育 ●概要  本学においては、研究活動の不正行為を事前に防止し適正に研究活動を推進するため、また、研究費の不正を防止し適正に研究費を管理するため、文部科学大臣が定めたガイドラインに基づき、研究者等に求められる倫理規範を習得等するための「研究倫理教育」及び研究費の使用ルールや不正対策などを理解するための「コンプライアンス教育」を実施しています。両教育ともe-learningにより受講することができますので、下記に記載の受講義務者は必ず受講してください。受講方法の詳細はついては、以下のホームページにてご確認ください。  なお、本学においては、科学研究費助成事業へ応募する研究者は、応募前までに「研究倫理教育」を、また、交付内定後の交付申請前までに「コンプライアンス教育」をそれぞれ受講しておく必要があります。 「研究倫理教育及びコンプライアンス教育の実施について」(学内限定) https://www.kyushu-u.ac.jp/f/55485/research-compliance-implementation_240104.pdf 〇e-learningシステムのログインページ ・研究倫理教育(研究者共通教育) https://edu.aprin.or.jp/ ・コンプライアンス教育 https://el.iii.kyushu-u.ac.jp/course/view.php?id=46 ○受講対象者 ・研究倫理教育(研究者共通教育)  受講義務者:①教員(特定有期教員を含む。) ②研究推進職(URA)・学術推進職 ③技術職員・医療職員のうち研究活動を行う者 ④学術研究員 ⑤研究補助者(テクニカルスタッフ、研究補助者として雇用する学生、技術補佐員等) ⑥本学において科研費を申請する者 ⑦日本学術研究振興会特別研究員(SPD、PD) ⑧大学院生(M、D)など直接研究に従事する者  受講推奨者:①共同研究等により本学において一定期間研究活動を行う学外者 ②学部学生(特に研究室配属後の学部学生) ③不正行為に係る申立窓口責任者 ④研究支援関係部署の事務職員  ※「研究倫理教育」は、e-learningを用いて全学的に実施する「研究者共通教育」のほか、各部局において「分野別教育」が実施される場合もありますので、あわせて受講するようにしてください。 ・コンプライアンス教育  受講義務者:研究費の運営・管理に関わるすべての構成員(以下に該当する者) ①すべての役員 ②すべての教職員(非常勤を含む) ③上記以外の者で研究費の運営・管理に関わる者 例)名誉教授、非常勤講師、日本学術振興会特別研究員等で科研費等の研究代表者  ※ただし、研究費等の執行に関わらないとコンプライアンス推進責任者(部局長)が判断した者については、受講を免除することができます。 ★ もっと詳しく知るには ・研究倫理教育(eAPRIN)  https://www.kyushu-u.ac.jp/ja/research/ethics/education ・研究費の不正防止について  https://www.kyushu-u.ac.jp/ja/research/ethics/prevention/ ◆ お問い合わせ先 ・研究倫理教育について  研究・産学官連携推進部研究企画課研究総務係  092-802-2320  内線:90-2320 ・コンプライアンス教育について  財務部財務企画課財務企画係  092-802-2337  内線:90-2337 戻る トップへ © 2013-2024 KYUSHU UNIVERSITY. ALL RIGHTS RESERVED.

ロックスターソーシャルクラブ登録方法 バンカープレイヤー バカラ|ルール・歴史・おすすめテーブル|オンラインカジノ バンカープレイヤー
Copyright ©188bet登録ガイド最新版!入金不要ボーナス2500円が無料で ... The Paper All rights reserved.